BCP対策・停電時の電源確保で備えに ⼤容量ポータブル蓄電池 | レッドホースコーポレーション株式会社

⼤容量ポータブル蓄電池とは?

⼤容量ポータブル蓄電池とは?

スマホ⽤のモバイルバッテリーと据え置き型家庭⽤電池の中間に
位置するこれまでにありそうでなかったタイプの⾮常⽤電源です。

ACで接続可能なため電気製品を動かすこともでき、
⼀般的な家電も 無理なくご利⽤いただけます。

また、騒⾳や異臭が出ないので室内で
利⽤できるところも⼤きな利点となっております。

災害時の電源確保やBCP対策として
導⼊していただいております。

⼤容量ポータブル蓄電池の種類

こんな場面で活躍しています

災害時のBCP対策はこれから必須になっていきます。企業信頼に繋がるBCP対策を始めましょう!

  • ⼤容量ポータブル蓄電池 パソコンのバックアップ電源に

    PCのバックアップ電源に

    災害時でもパソコンを起動し、
    大切なデータを保存する等の作業ができます。

  • ⼤容量ポータブル蓄電池 スマホの充電に

    スマホの充電に

    災害時の従業員の安否確認や、
    拠点間で連絡を取り合うことができます。

  • ⼤容量ポータブル蓄電池 お客様へのご連絡に

    お客様へのご連絡に

    災害による商品手配の遅延・キャンセル等、
    お客様へご連絡することができます。

  • ⼤容量ポータブル蓄電池 充電スポットの提供に

    充電スポットの提供に

    被災された従業員や、帰宅困難者などに、
    充電スポットの提供ができます。

  • ⼤容量ポータブル蓄電池 除湿機など、家電の使用に

    除湿機等、家電の使用に

    除湿機を稼働させ、保管している
    製品や資料を湿気から守ります。

  • ⼤容量ポータブル蓄電池 避難所での生活に

    避難所での生活に

    防災無線や、TV・ラジオ、冷暖房など
    最低限のインフラ維持に役立ちます。

⼤容量ポータブル蓄電池の特徴

災害時はもちろん平常時にも役に⽴つ優れもの!
⼯事不要ですぐに使える!

  • POINT 1

    メンテナンス
    年1~2回の充電でOK

    ⼤容量ポータブル蓄電池の特徴 1 メンテナンス
  • POINT 2

    ソーラーパネル接続で
    再充電可能

    ⼤容量ポータブル蓄電池の特徴 2 ソーラーパネル接続
  • POINT 3

    キャスター付きで
    持ち運び楽々

    ⼤容量ポータブル蓄電池の特徴 3 業界最軽量

突然の災害に備えたBCP対策に!

無停電電源装置付き(UPS機能)だから、停電時には内臓バッテリーから瞬時に電⼒供給!
停電から復旧までの待機時間はゼロ!※⼀部付属していない商品もございます。

⼤容量ポータブル蓄電池の種類

⼤容量ポータブル蓄電池の種類

電気製品使用時間の目安

大容量
蓄電池
PVS-6000 PVS-3000 PVS-2000B
PVS-6000 PVS-3000 PVS-2000B
電池容量 5656 Wh
定格出力 3000 W
電池容量 2962 Wh
定格出力 3000 W
電池容量 1885 Wh
定格出力 2000 W
スマホ・携帯 スマホ・携帯
(10W)
565台分 296台分 188台分
ノートPC ノートPC
(25W)
226時間 118時間 75時間
複合機 複合機
(750W)
7.5時間 3.9時間 2.4時間
パノラマワークライト パノラマ
ワークライト
(100W)
56時間 29時間 18時間
扇風機 扇風機
(30W)
188時間 98時間 60時間
電気ヒーター 電気ヒーター
弱(400W)
15時間 7時間 4.5時間

※スマホは1台1時間の充電で算出しています。

小型容量
蓄電池
PVS-462 PVS-192 PVS-144
PVS-462 PVS-192 PVS-144
電池容量
462 Wh
定格出力
500 W
電池容量
192 Wh
定格出力
150 W
電池容量
144 Wh
定格出力
200 W
携帯・スマホ スマホ・携帯
(10W)
46台分 19台分 14台分
ノートPC ノートPC
(25W)
18時間 7時間 4.5時間
防災無線 防災無線
(20W)
23台分 5台分 5.7台分
LEDライト LEDライト
(10W)
46時間 19時間 11時間
扇風機 扇風機
(30W)
15時間 6.4時間 3.8時間
ラジオ ラジオ
(15W)
30時間 12.8時間 7.6時間

※ラジオは、送受信:各1時間/待受け:18時間 合計・約20時間で算出しています。
※スマホは1台1時間の充電で算出しています。

予測できない災害に備えて

予測できない災害 大雨

現代社会において、スマートフォンは災害初期の
安否確認・情報収集などを行うことができる重要なライフライン。

しかし、水・食料・防寒対策は進んでいる一方、
電源確保の備え」が不足しています。
大規模災害を想定した長期の停電の備えとして、
大容量蓄電池の必要性が高まっています。

予測できない災害 地震

予測できない災害

導入事例

  • ⼤⼿レンタルサービス会社
    導⼊機器:PVS-462

    災害時でもPOSレジを稼働させたい⼀⽅で、店内のスペースは限られているため⼤型蓄電池を導⼊できないことが課題でした。

    導⼊までの経緯: 薄型で⼩型にもかかわらず、通常稼働させるための⼗分な電⼒が確保できる点を魅⼒に感じていただきました。課題であった収納スペースの問題もデスク下等のデッドスペースを有効活⽤できる点も導⼊に⾄ったポイントです。

  • ⼤⼿不動産会社
    導⼊機器:PVS-6000

    ビルに⾮常⽤電源の備えはありますが、エレベーターや廊下など必要最低限の箇所までしか届かない仕組みになっていました。非常時にはPCが使えない問題がありました。

    導⼊までの経緯:災害時のBCP対策として、各フロアに⾮常⽤電源の確保を目に⾒える形で⾏いました。普段は収納しておりますが、どこに⾮常⽤電源があるか把握でき、また使い⽅も簡単なのでもしもの時にも柔軟に対応できそうです。

  • ⾃治体
    導⼊機器:PVS-2000B

    現在、重要なライフラインの⼀つであるスマートフォンですが近年の災害で「スマホ充電難民」という⾔葉が⼤きく取り上げられたように、充電環境が整っていません。

    導⼊までの経緯:⼤容量のため、多くの地域住民の充電確保に貢献できると考えました。また、持ち運び可能なため電気を必要としている⼈のところへ届けられるという点も魅⼒的です。

どれを選んだらいいんだろう?

BCP対策を始めたいけれど、どれを選んだらいいんだろう?ご予算・ご⽤途に合わせてご提案いたします。まずはお気軽にご相談ください。

BCP対策を始めたいけれど、どれを選んだらいいんだろう?ご予算・ご⽤途に合わせてご提案いたします。まずはお気軽にご相談ください。